【バイアグラの本物と偽物の見分け方】個人輸入や現地調達での注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイアグラは、25mg,50mg,100mgとあり、これらを個人輸入や海外現地調達する方もいます。

しかし、いずれも必ずと言って良いほど、偽物が紛れていますので、それらを事前に見極める知識を入れておく事は必須です。

この記事では、そんなバイアグラの本物と偽物の見分け方について解説していきます。

 

海外現地で観光ガイドに本物か聞く

海外現地で観光ガイドに本物か聞く

 

現地のガイドに聞くのが一番確実

バイアグラを海外の現地で購入する時も、医師の処方が必要になる事が多いため、まず現地の旅行ガイドやその手の話に詳しい人に相談する事がおすすめです。

海外では日本と異なり、医療サービスに高いお金がかかるため、十分な予算やその国、地域の医療に関しての知識がないと、処方してもらうだけでかなりのお金が必要になってしまう可能性もあります。

現地のガイドに聞くと、どこで、どんな方法で入手できるかも明確にわかるため、コストも事前に把握することが可能で、騙される心配もなく、安全に日本に持ち帰ってこれるくらいの量を確保できるでしょう。

現地のガイドは、誰でも知っているわけではないので、風俗に詳しいスタッフのいそうな旅行ツアーや、既にそうした風俗店に行ったことのある人、現地の旅行、現地へのツアー経験がある旅行客に聞く事もおすすめです。

時には、現地に住んでいる日本人、現地で働いているというSNS上の第三者にこっそり聞いても良いでしょう。必ず教えてくれて解決するとは限らないのですが、ほとんどは何かしらのヒントが有るはずです。

その地域の言語が少しでも使いこなせるようなときは、頼れる現地の人を見つけ、安心できるお店を利用する事が理想です。

ガイドと一緒に正規の薬局で買うこと

薬局

本物のバイアグラを購入するには、現地のガイドの人や詳しい人に同行してもらい、地域の薬局や病院の薬局で購入するのがベストです。

この場合、日本人で、しかも、観光客であるとすぐに分かるような雰囲気を醸し出しているとよくありません。

そのままバイアグラ100mgやそれに準ずるバイアグラのジェネリックを買い求めようとしても、うまく意思疎通できず、欲しいものが手に入れられない可能性があります。現地のガイドの方と一緒に買い物することで、騙される危険性はかなり減らせられます。

偽物を掴まされそうになった場合でも、ガイドの方が本物のバイアグラを知っていると、偽物を避け、本物が購入されるように導いてくれるでしょう。

旅行ガイドの場合は、お客さんが現地で偽物を掴まされたという風評が広がるのはまずいことであり、旅行ガイドのその後の仕事にも影響してしまうことです。

そのため、仕事としてしっかりとお客さんの求めていることに応えてくれるため、バイアグラやバイアグラのジェネリックの本物を求めている場合は、しっかりとそれらを見つけてくれるはずです。

海外のドラッグストアでは基本的に品質や信頼が全てであるため、偽物を掴ませることはまずないのですが、現地でも貴重な薬を大量にまとめ買いしようとすると嫌がられます。

しかし、精力剤、バイアグラ、バイアグラのジェネリックはそれほど不足するものでもないので、意外に協力的にバイアグラや精力剤購入を助けてくれるでしょう。

偽物はとにかく安くてパッケージが違う

バイアグラ

バイアグラでも、バイアグラのジェネリックでも、偽物はパッケージの箱、錠剤の形や色合いが異なっています。一度本物がどれなのか分かってしまうと、偽物はすぐに見分けられるようになります。

本物でもパッケージのデザインが変わることはありますが、バイアグラのような医薬品は基本的に、箱のデザインが大幅に変更されることはないと考えて良いでしょう。

錠剤まで本物かどうか確認するのがベストですが、偽物を売りつけようとする人は、中身を隠そうとしたり、なにかと言い訳をしたり、いきなり価格から魅力を伝えて売り込もうとしたりします。

偽物はとにかく安く、効果も強いということだけをアピールして販売されることがほとんどです。本物のバイアグラ、ジェネリックの場合は効果だけを伝えて売ると副作用のリスクと、薬局の信頼低下などの危険があるので、まじめな販売方法を選びます。

偽物は売っている人の雰囲気や様子からも判断できるので、誰から買うか、どんな人から購入するかもしっかり確かめましょう。

バイアグラ100mgは海外でも基本的に処方される薬であるため、医師のいるクリニックなどから購入できる場合は本物だと信じても良いでしょう。

行商人からは買わないように

海外行商人

 

パッケージ・箱から出ているものは買わないこと

海外の都会で、医師のいるクリニックや正規の薬局で購入する場合はまだ信用できるのですが、海外の田舎で、明確に信頼できない、いかにも怪しい所で購入する場合は、最悪麻薬を掴まされる可能性も考えて、用心するようにしてください。

海外の田舎にある風俗店などでは、バイアグラに似た薬や精力剤を売っていることがあり、バーの奥の方や隠れた所でバイアグラの売買をしているような場合もあります。

パッケージから出ている単体の薬や、箱から出ていて何の薬か確認できないものは買わないようにしましょう。特にそうした信用できない行商人などからは買わないようにして、安全に飲めるものだけ選んでください。

風俗店などで売っているものも偽物かも

海外現地の風俗店でも精力剤が売られている場合があります。また、風俗嬢が精力剤を売っている場合もありますが、ボッタクリ価格で売りつけられてしまうことがあるの、で自己責任で買うかどうか、飲むかどうか決めましょう。

風俗嬢からバイアグラと呼ばれるものを買って飲んで、一晩中ハッスルできて楽しめたとしたら、それでよいのかもしれませんが、他の事例では、睡眠薬を飲まされて、そのまま荷物やパスポートなども全て失うというようなこともあります。

その時に渡される薬が本当にバイアグラなのかどうか、実際に本物を飲んだことがある人でないと判断は難しいので、むやみに信用できない風俗嬢からはバイアグラを買わないようにしましょう。

薬局でも一箱買ったほうが安心

信用できそうな薬局では、4錠1パック、1錠からの販売を行っていることがあります。日本のクリニックや医師の処方箋でも必要な分だけ、紙袋に入れられて薬局で渡されますが、海外でバイアグラを選ぶ時は、本物である保証として一箱まるごと購入するのが無難です。

開封されていないものは、偽装はそもそもできないため、目の前で開けてもらったり、中身が本物であることを目の前で確認させてもらうと良いでしょう。

そのためには、一度でも日本のクリニックで本物のバイアグラを処方されて飲んだことがないと確かめられないため、経験が全てです。

もし、バイアグラ100mgを飲んだことがある知人が同行してくれるようなときは、その方のアドバイスに従うと良いでしょう。

偽物バイアグラの中身はなに?

偽物バイアグラの中身はなに

 

ビタミン剤粉末だけ入っている

偽物のバイアグラの錠剤は、中身の成分が異なっていて、形だけはバイアグラに似せているというものもあります。この時の成分がビタミン剤と同様のもので、体には害がないというものの場合もあります。

ビタミン剤だけで勃起するわけはないですが、プラシーボ効果などで少し勃起できたような気になってしまうと、騙され続けてしまうこともあります。

そのため、最初は本物のバイアグラを飲んで、どれほどの効果が出るのか確かめておかないといけません。

日本国内で入手できるバイアグラ50mgまたはバイアグラ25mgを飲んで、どの程度勃起できるかわかっているとバイアグラ100mgの効果もだいたい予測できるはずで、起きるであろう副作用も予測可能です。

ジェネリックバイアグラが入っている

本物のバイアグラと同じ価格で、ジェネリックのバイアグラを売りつけられることもあります。

この場合は、ジェネリックの商品名が書かれていて違いがはっきりする場合もありますが、1錠だけ、2錠だけなどばらのバイアグラを購入する場合はジェネリックでも気づかない場合があります。

それでも、ジェネリックのバイアグラはまだ増しで、本来の正規品のバイアグラと同じくらいの効果は期待できます。

ビタミン剤やただの小麦粉を飲まされるのに比べたらまだマシですが、お金の面で損をしているので、気持ちの良いものではありません。

ジェネリックだと1錠100円程度、本物のバイアグラは1500円ほどするので、効果が同じであっても最初からジェネリックを買っていたほうが断然お得です。

他の精力剤カプセルが入っている

偽物のバイアグラとして、効果がほとんどない、サプリメントレベルの精力剤、似たような形と色のサプリメント、精力剤が入っている事もあります。

精力剤に限らず、サプリメントにすり替えられていることもあるので、同じく本物のバイアグラを飲んだことがある限り騙されることはないでしょう。

錠剤を飲んだことがあると舌に乗った時の風味、味なども分かるはずなので、極端ににおいや味が違う場合は偽物のバイアグラだと思ったほうが良いでしょう。

毒や睡眠薬を漏られることはほぼないですが、そういう立場にいる方はバイアグラも飲む時に注意が必要で、必ず医師から処方されたものだけを飲むようにしましょう。

買うお店と人をよく選んで入手すること

薬局2

お店は3店舗以上回って探してみて

海外で本物のバイアグラを見つけるためには、1店舗のみを見るだけではダメで、最低でも3店舗はドラッグストアを回ってバイアグラの本物がどんなものか確かめましょう。

バイアグラのジェネリックを選ぶ場合も同じで、薬局が変わるだけで、製造元が変わるはずのない同じ商品名のバイアグラのパッケージやデザインが異なっていた場合には、どちらかが偽物である可能性があります。

容量が異なっている程度では問題ないのですが、同じ商品名で、その製造元が作っていないはずの75mgという容量があったり、明らかな色違いのパッケージがあるようなときは、それは偽物であると思ったほうが良いです。

バイアグラのジェネリックにもいくつか種類があるため、比較したい場合には何種類かそれぞれに買い揃えておくと良いでしょう。

もちろんコストは掛かり、そんなに大量にバイアグラのジェネリックがあっても仕方ありません。それでもしばらくは保存ができるはずなので、使用する予定がある場合、購入して飲み比べたり、パッケージがどれも同じであることを確認したり、どこのお店は偽物を扱っていたか情報共有したりするのが良いでしょう。

3店舗もドラッグストアや薬局がなかった場合は、2店舗だけでも良いので、できるだけ比較したほうが良いです。

パッケージ・中身ともに比較して正規品を見つけて

バイアグラ100mgの完全な正規品かどうかを判断するには、未開封のものは箱の確認だけでもよいのですが、既に開封されているものを数錠処方してもらう場合は箱と、中身の両方を確かめるのが理想です。

信頼できる薬局、医師お墨付きの薬局の場合、受け取る錠剤を疑う必要はありません。しかし、バイアグラのジェネリックを購入する時には、日本で言うドラッグストアのような所でも購入することができてしまうので、自身で判断して正規品を入手しなければいけません。

パッケージ、中身ともに正規品を見つけられるように、まずは本物を手間をかけてでも入手しておきましょう。

タイなどでは、バイアグラのジェネリックは、一般薬局でも購入することができます。それほど高額ではなく、バイアグラ100mgのものと同じ効果が期待できて、1錠100円程度のコストで済みます。

最初からジェネリックでも良いという方は一般薬局に売っているバイアグラのジェネリックを買ってみて、効果の程を実験してみるのも良いかもしれません。

本物と偽物の見分け方は決して難しくはないのですが、本物がどれなのか一度でも見て、飲んで、本物の効果がわかっていないと偽物を掴まされた時に気づくことができません。

現地で購入する時は、その道に詳しい方にアドバイスをもらったり、一緒にバイアグラを選んでもらったりするのがベストです。

ジェネリックを選ぶのが購入しやすくていいかも

バイアグラのジェネリックにもいくつか種類があり、日本国内でもトーワ、キッセイ、YD、あすか、FCI、TK、テバなど6社以上のジェネリックが入手できるようになっています。

海外でもバイアグラのジェネリックを製造している会社は多くあるので、訪れる国で信頼できるバイアグラジェネリックを見つけておき、現地のガイドなどに相談して見つけていくのが一番です。

現地の風俗のスタイルによっては1日ずっと観光ガイドもしつつ、夜のお世話まですべてできるようなサービスもあるので、そうした事情に詳しい人のアドバイスにより、じっくり本物のバイアグラのジェネリックを探してみるのもよいかもしれません。

既に勃起不全になってしまっている方も、海外で新鮮な場所で、妻よりも若くて体力も感度も良い風俗嬢と1日過ごすとしたら、バイアグラを飲んでいなくても力が復活するかもしれません。

紳士的に素直に事情を伝え、清潔感を維持する限り、協力的になってくれることはまず間違いないでしょう。あとは予算の問題ですが、1日かけて相手してもらえるサービスでも、タイやベトナムでは日本円にして1日1万円から2万円で雇い入れることができます。

日本の風俗1回分くらいのお金で1日サービスを受けられるので、コスト面で損をすることもまずないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!